覚書

ウクライナ情勢と日本国憲法 ~ 「諸国民の公正と信義に信頼」

『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した』日本国憲法 前文より ウクライナ情勢を見ていると、この言葉に不安を覚える。 平和を愛する諸国民がいても、その力が及ばない。 及ばず、死ぬべきではない死を迎えて…

ウクライナ情勢と空襲被害 ~国同士の争いに巻き込まれないために 生活者が声を上げること ~

ウクライナの一般市民が遭っている、 この被害をなんと表現したらいいのかと呆然とする。 集合住宅にミサイル。家を破壊され、死者、負傷者が出。 生活者を巻き込んで、軍事攻撃がなされている。 なんでこうなるのか。 両国、関係諸国に言い分はあるだろう。…

「養育費では家が借りられない」理屈とは? ~離婚プロセスで「対策情報にアクセス」できるように

専業主婦が、離婚をして居を定めてから働こうとしたら、不動産会社から「安定収入がありますか?定職がないと審査に通らない。」といわれ「養育費が入ることになっている」といっても対応は変わらなかったという。 (20220223朝日新聞㉑) 「養育費」が不安…

レジ袋がなくなってのゴミ出し変化 「代わりの袋」と「袋の口」をしめる工夫

2020年7月のレジ袋有料化から、1年半以上経過。 レジ袋のストックもとっくにない。 まれに、急遽必要になって買い物の際に買うことがある程度。 マンション住まいであれば、レジ袋に入れて集積所に持って行ったものだ。 それがないので、今は代用品的…

授業料以外の費用問題 ~制服・体操服・教材・実習物品・部活用品etc~まちなか資源で解決を

「授業料以外にかかる費用の問題があります。中学校や高校の制服・体操着第は多くの家庭にとって非常に高いものです」 「調査では中学校で平均7万7千円、高校で8万7千円でした。『指定品のシャツも2枚目が持てない』『教材や実習に使う物にお金がかかる…

現場の声が伝わらない 「現場から社会へ、社会から組織へ」の道筋が必要か

「資料なしでもすぐに会見し、呼びかけを」 東日本大震災時、気象庁地震津波監視課長は、14:46の地震直後に訴えたが、テレビ緊急放送が始まっているとして、会見は16:00になったという。 その間に、当初予想を超える予想高の値を示し始めたという。 (2022…

【新聞の投稿欄】生活の中の違和感、訴えが増えてきた/若年層の声が増えてきた

新聞の投稿欄。 以前は60代70代男性の「べき論」的投稿が多かった印象。 最近になって、10代~50代の様々な意見、しかも具体的な生活シーンを伴った投稿が増えてきている。 違和感や希望、問題指摘。 硬直していた常識に対して「変化」を求めるアク…

著作に「戦争」を織り込む ~西村京太郎

2015?年以降の著作には、「戦争」をなんらかの形で織り込んだらしい西村京太郎氏。

日本がなすべきは、核兵器禁止条約に参加し、核を持たない国を攻撃することを禁止するルール形成を主導すること~寺島実郎氏

「日本がなすべきは核兵器禁止条約に参加し、特に核保有国が核を持たない国を攻撃することを禁止にするルール形成を主導することです。そういう世界を実現するためにどう行動するかが問われているのです」 20220302朝日⑬ ㈶法人日本総合研究所会長 多摩大学…

核を持たない国 保有第3位から核兵器放棄した国 ウクライナ

「ウクライナはソ連崩壊後、当初は世界第三位の核保有国として保有継続の意思を持っていましたが、国際社会との交渉の末、核兵器を放棄したのです。 核保有国の非核化の先行モデルとして注目しなければなりません」 20220302朝日⑬ ㈶法人日本総合研究所会長 …

姿勢に感化されるということ ~ 言問橋 東京大空襲追悼碑

真剣な姿勢に感化されること、がある。 「名も知らぬ2人、古老がつなぐ縁」 「東京大空襲 追悼碑の手紙」 (20220309朝日夕⑦) 記事は、このような話。 言問橋浅草側の橋のたもとに東京大空襲の犠牲者の追悼碑がある。 その碑を清掃する80代男性。15年…

子供の学校用品、買わなくっても。在庫はたくさんある

子どもの貧困がいわれ。 学費以外のかかりもクローズアップされ。 そう、子どもの学校用品の費用はバカにならない。 ~絵具セット、リコーダー、算数セット、粘土、体操服、ランドセル 制服、実験セット、裁縫セット、書道用具、 でも使うのは本当に一時期。…

オリンピック用タオルやらシャツやら・・・リユース配慮なく配るのは、サステナビリティ視点からはどんなものか

ネットフリマのプラットフォーム上には、企業うロゴ入りの東京オリンピックのタオルやらシャツ類が結構出品されている。 従業員に配られたものかな、と想像するが、 社名ロゴの入ったグッズ「要らないもんね」という従業員も少なくないのだと思う。 大いなる…

情緒的なマスコミ報道にあきあきする ~オリンピック報道

オリンピック報道を見ていると 内部感情の確認しあい、と思えてくるのだが。 お互いに飽き飽きしていまいか。 選手インタビューや関係者インタビュー。 しまいには、インタビュアーの感想を述べて、「そう思いますか?」と聞く。 選手が失笑しそうになる。 …

フリーアドレスオフィス 利用者不問でデスクトップ型のモニター使わせて!

フリーアドレスオフィス。 ただ机だけがあるパターンが多いようだ。 いつでも同じノートPCを持ち歩き、それで作業しているといいけれど。 週に数日出社時のみ。という場合。 ・パソコンを収納場所から出す/しまう 手間が発生 ・パソコンが、デスクで1日作…

企業の「従業員に対する責任感」が軽くなってきている問題について ~非対面テレワークによって加速!?中

企業の従業員に対する責任感がかるーくなってきている。 対面が少なくなるテレワークが最後のとどめを刺すような・・・ 直接対面すると情緒が発生するが、非対面であれば「そんなこと許される?」ということもやりやすくなるような・・・。 非正規雇用、代行…

耳の聞こえが悪いのは・・・

加齢のせい、というのが、よくある回答。 加齢のため耳の機能が衰えて、というイメージだが、耳の問題ではなく、耳の周りの肉が下に落ちてきて、耳が下に引っ張られることで聞こえがわるくなってくるのだという説がある。 確かにほほから耳にかけてを上に向…

人の不在 ~歌川広重「名所江戸百景 月の岬」、豊子愷「人散後、一鈎秋月天如水」

千葉市美術館「ジャポニズム 世界を魅了した浮世絵」展の紹介記事で取り上げられている浮世絵。(20220215朝日夕③) 歌川広重「名所江戸百景 月の岬」。 さっきまで人がいたと感じさせる宴席の跡。 海に向かって張り出した座敷の向こうには月がかかっている…

正解はない  ~見え方、意見、考え方は違うものだという前提  

いろいろな人のいろいろな見方。 見方も面白いが、なぜそうみるのかを深掘りしていったときに、共有できる、共感できるものが見つかるかもしれない。 自分の見方、考え方は、自分の経験に根差すものであって、かならずしも他者と通底するものではない。 誰で…

学歴分断社会というけれど「大学卒」者への「評価」は高くない◆「分断」というより「棲み分け」では?

大学に行きたいけれども、格差によって行くことができない。 のであれば、「分断」「格差」かもしれない。 そういう例も少なからずあるかもしれない。 しかしながら。 私の身近で見聞きする限り、「非大学卒」の人が、 ・「大学卒」になりたかった、とか ・…

NPO、児童館、公共機関などは「欲しいものリスト」でおさがりを活かして使ってみてはどうだろう?

NPOや児童館側から、欲しいものを「リスト」にして公表してはどうかと思うのだ。 必要なもののかなりの部分が、地域ご家庭で「不用品」として眠っているはず。 それを掘り起こせるだろう。 ジモティなどでも、「助け合い」のカテゴリーでの求めも増えている…

制度の思想  ・・・「育児休職」

制度には作った人の思想ってものが透けて見える。 「制度」は、無機質に書かれているから、考え方や気持ちなんてこもっていないように思えるけど、そんなことはない。 なにを大切に思ってつくったかとか、対象者のことは実は眼中に入っていない、なんてこと…

「まだ印刷が終わっていません」警告で、出てくるボタン。 最後まで印刷をしたいときはどっちを選ぶ?

せっかちだからか? パソコン作業をしていて時々プリントアウトした文書を閉じようとして 「まだ印刷が終わっていません。少々お待ちください」という警告が ポップアップされることがある。 大変申し訳ありませんでした・・・ と反省するのもつかの間、その…

腹巻のおかげ

パジャマの裾が微妙に短く、寒に入ってから腰回りが冷える。 少し長いパジャマを新調しようかと考えていたとき、以前買って使っていない「腹巻」を思い出す。 使ってみると、快適。 新調の必要なし。しばらくこれで過ごそうと思う。

アクリルの板の無数に連なりて・・・

大食堂で昼ご飯を食べた。 遠くのテレビが、オリンピック競技を映している。 なんか見えにくいな・・・と思ったら、飛沫防止のアクリル板のせいだった。 アクリル板の隙間から見える位置に移動。 と思ったら、少し遠くのアクリル板に遮られているのだった。 …

光回線直収のビジネスホン、IPoEを通せないものもあるらしい。

光回線直収型のビジネスホン。 専用のアダプタをレンタルしたり買ったりしなくていいしそのアダプタからの配線をしなくていいので人気がある。 でも、そのアダプタの代わりもしている(のかな)のユニットによっては(古いものということか?)、これまた人…

当事者に聞け! わかっちゃいない話 ~ 当事者不在のクズ企画をなくそう

要するに、わかっていないのに当事者の声もきいていないこと、が多すぎ。 ●フリーランス保護策を提言する平田麻莉さんの声 「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」設立。 そのきっかけは、2016年。経済産業省にフリーランス研究会…

そのツケはどのように回ってくるのか(2) コロナ禍給付→マイナス金利→銀行手数料、通帳手数料

コロナ給付金。 使われずに預金で積み上がり金融機関から日銀への当座預金が急増、マイナス金利適用に。(2021年末から2022年1月三菱UFJ銀行) 銀行の手数料が新設&アップされていくのではないかとの観測。 硬貨の扱い手数料、通帳発行手数料、などに加え、…

そのツケはどのように回ってくるのか(1) いつまでもお客様ではいられないマンション管理

マンション管理を断られる管理組合が出てきているという。 うまみがない管理はしたくない、というのだ。 管理費の値上げはできない、 高い工事を管理会社を通じて発注できない 築年数が経過して古いマンションとなってしまった これまでどおりの管理費ではお…

都立病院「民営化」? 今ですか? コロナ禍から抜けきらぬ今、無理筋では?

都議会で、都立病院の「民営化」が検討されるらしい。 あれっ? コロナ禍で、公立病院が患者を受け入れ、その必要性に注目が集まったんじゃなかったっけ。 公的任務という責任感から対応する医療従事者に注目が集まったんじゃなかったっけ? まだ、コロナ禍…