NPO

使用済み切手でボランティア ・・残るギモンも・・・

使用済み切手は整理して売ることで、換金できるのだという。 多くのボランティアセンターで、整理するボランティアによって収入を得ているという。 あてなく集めていた使用済み切手。 近くのボランティアセンターに問い合わせると 「いただけるのですか?あ…

「代弁」のしくみがあるといい

車いすを使っている人が、不自由を感じたことについて言挙げをする。 バリアフリーを求めての世の中への提言であっても、「我慢しろ」とか「わがままだ」とか、その希望に対して個人にむけた非難がふりかかる。個人を特定され身の危険を感じるほどの反応があ…

学校に「貸し出し学習道具」を常備する、ってのはどうか? もっというと「サブスク」がいいのでは?

地域には、三角定規だろうがピアニカだろうが、あまりまくっていると思う。 立命館大学教授の柏木智子さんが「私は「ケアする学校づくり」を提唱しています。学習用品を持ってこられない子供のために、誰でも借りられる三角定規や習字セットを用意する。家で…

NPO、児童館、公共機関などは「欲しいものリスト」でおさがりを活かして使ってみてはどうだろう?

NPOや児童館側から、欲しいものを「リスト」にして公表してはどうかと思うのだ。 必要なもののかなりの部分が、地域ご家庭で「不用品」として眠っているはず。 それを掘り起こせるだろう。 ジモティなどでも、「助け合い」のカテゴリーでの求めも増えている…

「せかいビバーク」 秀逸な試み!

金も寝泊り場所もなくなった人と支援団体をマッチングさせる。 その間をつなぐ連携を、関係者の負担を軽くすることで広げる試み、とみた。 広げることで、関係は深化する予感もある。 飲食店やお寺や教会や薬局や。 志がある店や団体に「緊急お助けパック」…

行政✖jimotyの試みに期待

世田谷区で不用品の持ち込み場を設け、八王子では粗大ごみの希望者による無料引き取りを仲介するのにjimotyと連携しているという。 地域に死蔵されている資源を活用しよう!という試み。 かつて、行政のリサイクルセンターなどは、今在庫されているものと欲…

コロナ貧困対策をするNPO  そこへ税金からの支援はできないのか?

貧困対策NPOの声がニュースなどで聞こえてくる。 炊き出しに並ぶ人が増えているとか、これからが正念場とか。 一方で現金やクーポン給付。 前回もそうだったが必ずしも切迫して必要とはしていない層があるではないか。 その税金、貧困対策NPOと医療関係に回…

子供の貧困対策 寄付や基金、所得アップもいいけど、「もっと金のかからない世の中にする」ってのはどうだろう

貧困対策でお金の提供や所得アップという方向性が語られがちだけれども、子育て者の実感として今の世の中「金かかりすぎ」「金かけすぎ」と思いませんか? 教育支援では、教育の無償化。就学支援(学用品、用具、修学旅行等々)。 本当に必要なものなのか?…

寄付を考える  ~引き落としスタイルはハードルが高い、スポット寄付方法も紹介すべき 「国境なき医師団」「国連UNHCR協会」

寄付を考える。 お金の寄付はハードルが高い。 お金はいろいろに使えるから。 どうしてここに?とか、この金額でいいかな?とか。 ここに募金するならあそこにもとか。 いろいろなところにやっていては身が持たない。 そこで最近は、気になるモノがやってい…

草の生い茂る畑&田んぼ ~ 不耕作農地に思う「年金さん、農業参入を!」

首都圏ではあるが農地も多いエリアに行くと、草の生い茂る畑&田んぼが結構ある。 「・・・」 「でも、農業じゃ稼げないからしょうがないよね」 「高齢になったら農業をやめる。子供は継がない。よくあることだよね」 とは思うものの、残念な気持ちがする。 …

「お助けカード」を! ~ お手伝いの《意思》と《知識》の表明として

耳が不自由「お助けカード」を!の新聞投書を見た。(20210912朝日) 「様々な場所に老眼鏡が置かれていることがあるが、その隣でもいい「お助けカード」を備えて欲しい」というもの。 投稿者は聴覚障害があり、配慮を求めたいことを表明する「カード」を使…

公園の伸びた草に思う  ~ 地域通貨でボランティア

公園に夏草が伸び放題。 猫じゃらしも穂をつけ、雑草の花が咲く。 夏の後半には、行政の草刈りが入るが、まあ、そのころには種は落ちちゃうわけで、来年も茂り放題というわけだ。 最近、居酒屋がコロナ自粛で閉店時間が早いせいか、公園で飲み食いしたあとの…

社会福祉協議会 貸付とともに「エリア・フリマ」の展開を

ニュースを見ていたら、地域のボランティアセンター/社会福祉協議会の方が、 コロナ禍の収入減に対応するのにコロナ禍の「緊急小口資金」を借りる方の切実な声を紹介し、長期対応は難しいと話していた。(202107113 ニュースウォッチ9)NHK お金を注入する…

引っ越し、転勤の前に ~ 「モノで寄付」ができます

家の引っ越し。オフィスの引っ越し。 持っていくもの、この機会に処分するもの。 荷造りをしようとすると、持っていくまでもないけど、捨てるのももったいない・・・という雑貨や文房具や、子供がいればおもちゃや・・・ 時間の余裕があるなら、モノで寄付は…

無保険の外国人の医療について  今使える制度情報の提供がないのは、怠慢ではないか?

「無保険の外国人の命をどう守るのか」NHKおはよう日本20210127 入管で、収容された外国人が仮放免。 収容や放免のしくみはよくわからないが、体調不良のまま収容続けられていた模様。 放免されて無保険で医療にアクセスできず、健康を害し・・・。 という内…

不用品をNPOに寄贈しました 

自宅の新品雑貨などの不用品をNPOに寄贈しました。 リサイクルショップを展開しているNPOです。 物品寄贈をホームページで呼びかけられていました。 フリマで売れそうだと思って保存してあった雑貨類を、大量にお持ちしました。 ライフサイクルで不要になる…

「作業所の賃金が低すぎる」 ←こんなアイデアはどうだろう? 古布裁断篇

NPO

福祉作業所の賃金が低すぎると聞いています。 作業仕様をガチガチに固めずにお願いできる軽作業として、 古布裁断はどうでしょう? 古いTシャツなどの裁断布を、キッチンで使う「皿汚れぬぐい」や「掃除用の小ぞうきん」として再生させるのはよくあること。…

「作業所の賃金が低すぎる」 ←こんなアイデアはどうだろう? 洋菓子篇

NPO

福祉作業所で作られているクッキー、洋菓子がおいしいのに、賃金が低すぎるのではないか?と思うのだ。 もっと販売を増やしたいとか、単価を上げたいとか、思っておられるかは知らぬままだが、こんなことができるのではというアイデアを上げてみたいと思う。…

「作業所の賃金が低すぎる」 

NPO

福祉作業所の賃金が低すぎると思う。 役所のロビーに福祉作業所で作ったパンやお菓子が売っていることもあって、立ち寄るたびに買う。 純粋においしいと思う。 パン屋や洋菓子店と比べて、お値段も安いわけではないが、だからといって、味で引けをとるもので…

高齢者の住み続けられる町、に  ~試論(1)

高齢になっても、一人暮らしになっても、住み続けられる町にするには、どうしたら? 高齢になるということは、 ・重いものが持てない ・歩くのが不自由 ・運転に不安が出る ・急に体調が悪くなったらどうしよう 一人暮らしということは ・自分になにかあって…

覚書:接続事情■「オンラインNPT再検討会議2020」に参加

「オンラインNPT再検討会議2020」イベントに参加してみた。 コロナ禍をきっかけに実施されたイベント。 ZOOMによる会議。 参加人数上限があり、それ以降の申し込みとなったので、YOUTUBEにて視聴とコメントのみ。 ZOOMは100人程度。 そのZOOMをライブで中継…

【勝手に開催!オンラインNPT再検討会議2020】がよかった!

いやぁ、よかった。 まず 「勝手に開催!」ってのがいいですよね。 NPTの会議がコロナウイルスでできなくなりました。 →でも重要な機会がなくなってしまうのは悔しい →有志でそのテーマについて考えてみようじゃないの →ZOOMとか使っちゃってさ この心意気が…

「路上脱出・生活SOSガイド(東京23区編)」を見て ~回収衣料を活用できないか?

NPO法人ビッグイシュー基金が作った「路上脱出・生活SOSガイド(東京23区編)」を見た。 NPOが、様々な支援活動をしている。 行政も法律に定められたこと以外の活動もしているようだ。でも区によって内容はマチマチ。食料、衣料、日用品も、対応する区もあれ…

物品支援はハードルが低い ~コロナ対策 アベノマスクを寄付

「これ使う?」 ポストに入った2枚の布マスク。 不織布マスクは洗濯の上、再利用しているし、特に必要というわけでもない。 そんな時に ホームレス支援全国ネットワークで、「政府から届く布マスクなどの寄付を受け付ける」と新聞記事にあった。2020.04.25朝…

都市の善意と資源を集めて ~対コロナ 必要物資

このコロナ禍を受けて、 大阪で雨合羽などを寄付してほしいとよびかけて集めたり、 岩手一関で手作りマスクを買い取ったり、 行政が市民に呼び掛けて、公けのグッドジョブを繰り広げている。 市民も、なにかできることはないかと思っているのだ。 上手く道筋…

NPO、団体のSNS利用に喝!

さすがに、団体、NPOの活動でもSNSを使う例が増えてきている。 クラウドファンディングとかFacebook、Twitter、Line。 でもせっかくそれらを使っているのに、イベントの参加者に、クラウドファンディングの協力者に自分のSNSで拡散してもらう活動が少なすぎ…

もったいない! 小学校の理科教材を活かす道

小学校で使う理科教材。 短い授業時間で効率よく実験をするためのパッケージ。 その必要はわかる。 わかるのだが、一回こっきりのために購入→廃棄、はあまりにもったいないのではないか? ちゃんとした乾電池がついていたり、 プラの車を組み立てたり、 しっ…

NPOは都市資源を使おう 

「都市鉱山」という言葉があります。 携帯電話などに貴重な金属が使われていたりして、集めれば結構な量の資源に。 廃棄機器の多い「都市」は第二の「鉱山」というわけです。 「東京油田」という言葉があります。 天ぷら油を資源にする会社「ユーズ」がとな…

施設制作の台ふきんを買って 

台ふきん3枚セット 施設で作られた「台ふきん」を買った。 3枚160円。安い。 100円ショップなら100円だ、といわれるかもしれないけど、綿100%だと思われるし、織りの密度も、縫製もしっかりしている。 夢の島熱帯植物園の売店で購入。 おそらく同じ江…

行く先のない善意◆つい集めちゃう ベルマーク

ゴミ箱に入っていたバナナの袋。 「ベルマーク!」 思わず取り出してしまってから、もうベルマーク集めの必要がないのだと気づく。 こどもが小学生だった時は、めんどうと思いながらも、年二回のPTA回収に備えて、気が付くとベルマークを切り取っていた。 必…