建物がニンゲンサイズでなくなってきているような・・・スーパーマーケットや歩道は狭すぎたり、駅や店は広すぎたり

■せまい!!

 

東京都内で歩いていると、歩道のすれ違いやスーパーの買い回り通路のすれ違いにストレスを感じることがある。いくらなんでも狭すぎだろ?

1対1でのすれ違いでも配慮を要するような。もちろん通れないわけではないが。

スーパーならひとり棚の前でじっくり品定めしていると、そのままでは通れないような棚、通路の造り。

地価が高いからねぇと理解はするものの、高齢者や子供連れにやさしくないよなぁと思う。もっと知恵は絞れるのでは?

 

■広すぎる!!

 

エスカレーターで上って上って、そこから広いコンコース(っていうんですかね)を通って改札に。こういう駅に限って改札から電車までも遠い。

エレベータやエスカレータがあっても、そこまでの移動が大変な人には、もはや高山ですね。

 

ショッピングモールも同じ。

 

エレベータやエスカレータがあればバリアフリーってわけではない。

せめて、構内案内だけでも適切であるように工夫してもらいたい。

(意外と不適切なんです。わかるか確認テストしてるのか問いたいです)

迷って歩数を浪費できない人も、駅やショッピングの施設を利用するのでね。

 

 

*どうも、人間にあわせるのではなく、なにかの都合にあわせて設計されているように思えてならない。または利用者として頑健な人間だけを想定しているような・・・。