無人駅は「いま」のニーズにあっているか?

車いす無人駅利用「わがまま」ですか?」という記事を見た。(朝日20210410)

対応できなかった例について当事者がブログで紹介したら、

もっと早めに連絡をとか理不尽な要求だとかいう批判もあるという。

 

 

車いすバリアフリー非対応駅の利用に人手が必要になる。

その場合に必要となる人手をどう考えるかということだと私は思う。

 

かつて、ベビーカーを利用していた時期。

最寄り駅には、下りエスカレーターがなかった。エレベーターもなかった。

往路は最寄駅から、復路は隣の下りエスカレーターのある駅を利用して20~30分歩いて帰った。

その経験から、個人での対応方法はあるよね、と一瞬思ったのだが、待て待て。

 

車いす利用者だったら、

①駅間の移動を歩くわけにもいかない

②駅間がもっと離れていたらタクシー利用も費用が尋常ではない

③そもそも車いす対応のタクシーが限定的

と問題山積。

 

これまで、その解決方法は個人・家族の問題とされていたのだと思うが、

家族の数も少なくなり、離れて住むようにもなり、

介護だって社会化されて久しい「いま」。

 

高齢化が進みバリアフリーがますます必要になる「いま」。

 

公共交通機関はどうあるべきなのだろうか?

無人化」は、コスト的には企業が取りたい策かもしれないが、

「企業が提供する価値」の意味合いが、その策をとることで大きく変わってくるのではないか。

 

無人化」しても、たとえば、

①配慮を要する乗車を必要とする人が事前相談できる窓口を設ける

②いつでも対応できるボランティアの詰所を作る

 

など、「企業提供価値を高める」手段はあるはずで、

交通機関各社のみなさまは、よく考えてみて欲しい。

 

 

自分が高齢化して車いすを使うようになった時。

移動の必要がでたら、交通機関はどのようにあって欲しいのか。

家族の手を煩わすのか? その家族は現実にそばにいるのか? 対応可能なのか?

これまで他人事と考えていたことが、意外にもリアリティをもって迫ってくると思うのです。

 

 

 

「生理の貧困」について考えた

テレビのニュースなどで「生理の貧困」が何度も扱われる。

私が目にしたのは、貧困で生理用品を買えない人に配意して、行政が無償提供を始めた、といったもの。

もちろん、よい取り組みだとは思うものの、「自作ナプキンも作れるよ!」ということを知らせる方が、汎用性があるのでは?などとも思ったものだ。

 

ちょっと問題を知ってみようと思って

#みんなの生理

で調べてみたら、問題は「買えない」という「貧困」だけではないことに気づかされた。

 

むしろ、生理という存在をないものとして扱う「社会」の「貧困」。

問題を提起しても取り上げない「政治」の「貧困」。

 

ニュースの扱いが、表面的で軽すぎて、これまた「貧困」。

 

考えてみたい・・・。

 

------------------------------------

「みんなの生理」というグループを作った谷口さんの声がNHKのサイトにある。

 

「学校生活で“普通”とされる生活は、生理があることが考慮されていない。それに気付いたとき『生理はないものにされている』と感じました。生理用品が軽減税率の対象ではないことは、社会の仕組みが生理があることを前提に作られていない1つの例で、自分の声が聞かれてないと感じました」

 

「小学校のトイレにサニタリーボックスがなかった、生理のためプールの授業を休んだら成績が下がってしまった。部活中にトイレにゆっくり行くことができず生理用品を交換できなかったと話してくれた子もいました。さらに不便だと感じても、生理に関することは公の場所で口にしてはいけないと多くの子が思い込んでいて、なんとか“普通”の生活を送れるようにそれぞれ工夫していたんです」

 

 

 

www3.nhk.or.jp

「お弁当持参」で強気にいこう!!

平日の昼ご飯を、お弁当に変えると、かなりお金を使わなくっていい。

 

お米1合は約150g、5Kgなら33.3合。

お米1合で約2人分のご飯が炊けるので、2か月分くらいの昼ご飯になる。

5kgのお米。2000円もあれば買える。

1人分の1食なら、約30円。コンビニのおにぎりなら2個分くらいか、のコメの量。

鮭やら卵やら肉を焼くやらでおかずをつければ、安上がりに1食賄える。

 

なるべく省力化して栄養を取る方法を考えれば、なんとかやりくりできそうだ。

 

給料は減るし、物価は高いし。

節約にも限度はあるし。

 

稼いだお金をなるべく温存するために、お弁当持参で、強気にいこう!

 

 

 

 

移動の自由ということ

80代半ばの彼女を見ていて、思う。

歩くことが自由にならない時期が誰でもいずれはくるのだ、ということ。

歩く能力を維持する努力はしても、進みが思うにまかせない、ということはあるのだ。

 

そんな彼女と外に出ると、

タクシーで駅まで移動しても、降車してからホームまでが大変なのだ。

  どのくらいの距離が必要なのだろうか?

  どの時間帯ならゆっくり歩いていても大丈夫だろうか?

   (殺気だったラッシュではないか)

  エスカレータ、エレベータがあるのはどちら側だろうか?

 

力任せに歩いて探すわけにはいかないので、情報が欲しいのである。

 

 

先日は、車いすの人が駅の入り口でエレベータの位置がわからず苦労していた。

入り口に各種サポートツールの配置図を置けないものなのだろうか?

車いすや足が不自由な人なら、どちらの入り口からのアプローチが楽なのか、

その情報が、入り口のどこに掲示されているのかが統一されているといいのではないだろうか?

(入って右手とか改札の脇とか切符売り場とか・・・)

 

各駅の事情があるといわれそうだが、利用者の事情もある。

どこにあるのか捜し歩くのが大変な人もいるのだ。

 

看板にできないならQRコードでもよい。

情報がないよりなんぼかましだ。

階段があるのか、距離はどのくらいなのか。

エレベータは、何号車の位置にあるのか。

 

事前に確認できるように、インターネットでも発信してほしい。

-------------------

無人駅問題がある。

 

コスト重視で人が置けない、というなら、地元ボランティアを駅に詰めさせてくれるとか。

駅で、ボランティア募集、させてくれるとか。

外部と連携して問題を解消するアクションをお願いしたい。

 

 

持ち家主義は「いま」にふさわしいのか?

1●自分の本拠地を定めにくい、というか、定めない。

 田舎で生計が立てられた時代(農業・漁業の存在感が大きい時代)

  ↓ 

 都市に金の稼げる仕事があった時代(サラリーマンが増えた時代)

  ↓

 田舎でも都市でも仕事ができる時代(テレワークも始まった時代)

 

2●ライフサイクルによる必要な空間量が変わりやすい。

 三世代同居など年代を超えた変遷に対応

  ↓

 若年ひとり暮らし→夫婦→夫婦子供(幼児)→夫婦子供(一人前)→夫婦→ひとり→無人

 

3●長期財産はいらない。

 財産としての価値も変遷しやすい

 価値が出る期間も短い(自分にとって意味のある物件である期間)

 つまり、財産として相続したい人はいるのか?

 

1,2,3は関連しまくっているのだが、

つまり、持ち家はいらない、住み替えがふさわしいのが、いまという時代なのではないだろうか。

 

でも、それに対して、逆風となるのが・・・

「高齢者」などへの賃貸住宅の入居拒否。

 

時代は良質な公営住宅を必要としている。

政策転換を要望する。

 

 

企業テレワーク担当様 社内利用者はもっと基本的(低レベル!?)なことでつまずくのだ!

会社のテレワーク担当の方々!

社内の一般利用者は、あなた方が思うよりリテラシーが低いぞ!

あなたがたが作るマニュアルに「書く必要ない」と思っているような

基本的(低レベル?)なことでつまずくのだ。

 

●ケーブル問題

会社から貸与された機器をつなぐときに、

「あれ?ケーブルが不足しているような余っているような・・・」

PCの差し込み口とケーブルの形状があわない???

変換ケーブル、とか、アダプターとか、

まあ、なんだかわからないが、ケーブル同士をつないだうえで

たとえばPCとディスプレイをつながなければならない、場合がある。

 

慣れた人は、見ただけで何をつなぐかわかるのだろうが、

シロウトには、なんのことやら。

それだけで接続不能に。

 

担当者にヘルプを求めても、多忙ですぐに教えてもらえない。

マニュアルには、ケーブル接続ガイドをつけた方がいい。

接続した写真もあれば、一目瞭然。

いろいろなパターンがあるなら、各種載せてみてもよい。

 

<マニュアルにない情報こそ、必要>

●警告対応

PC側の問題なのか、ネット側の問題なのか、設定の途中で、様々な警告が出る。

マニュアルにないが恐ろし気な警告が出ると、シロウトはビビる。

確認して進みたい。

だってセキュリティに関わる大問題かもしれないじゃない?

 

でもそれへの対応はマニュアルには記述がない。

思い切って進むか、確認して進むか。度胸が試される。

「度胸」でいいのか?

 

マニュアルに、よくある「警告」ケースは記述してほしい。

 

●業務終了する時

「この画面になったら終了です」とマニュアルに。

いやいや、電源落として、PCしまっていい段階まで手順を教えてよ!

 

これじゃあ、まるでカーナビに「目的地周辺です。案内を終了します」といわれているみたい。

いやいや、目的地までの行き方、わかりませんって。

 

現状のマニュアル、シロウト利用者に確認した方がいい。

マニュアル渡して、

①利用者が設定する姿をそばで確認してみるか。

②どこでつまずいたかをチェックして提言できる人に依頼してみるか。

 

 

オンライン会議 小さな障害をのりこえて!

 オンライン会議でよくあるトラブル。

大勢に影響はないけれども、これらが解消されて、スムーズに運営されれば、本当に役立つツールとなると思う。

 

●「この入室が正しいのか?」

参加してみたものの、まだ始まっていない。会議名や時間は確認したのだけれど・・・。主催者側の工夫ってなにかあるのかな?

 

●「聞き取れない」=説明者の声が小さい、まわりの雑音が大きい。

マイクの改善が必要。適したマイクとは?

音に問題があると、集中力がなくなり、効率が悪い。

 

●「資料共有がうまくいかない」

多拠点を結んで会議するときに、この拠点では見えているけれど、あの拠点では見えていない、なんてケースも。原因は?

 

●「途中で音声がなくなる」

説明者がミュート(消音)にしてしまった? でも解消できずに、他の人のPC&IDを使って説明をしていたので、これも原因は?