「営業生産性向上!」に見落とされるポイント   「お客様に伝えるストーリー」は、個人努力ではなく組織的努力で

営業生産性向上!
企業なら目指さないはずはありません。
ネット上にもいろいろな説、指南がのっています。

営業効率アップ!
営業稼働率アップ!

①お客を増やして、客離れを防いで、1人当たりお客単価を上げる
②社内会議や社内資料や定型業務を効率化して、実営業時間を増やす
などが紹介されています。

確かに、現場第一線からは
「ムダな朝礼をやめて!」「報告項目が多すぎる!」「営業日報システムが不出来で時間がかかる」との叫びが多く聞かれます。

②の見直しは必須でしょう。

でも、①に必要な「商品サービスご案内のための情報」。
どのように営業担当にわたっているのでしょうか?
商品開発担当からの説明は、お客様向けに作られていますか?

企業による差異が激しいようですが、
営業現場で商品サービスの仕様を読み解いて、お客様に伝えるストーリーを独自に作っているようです。

営業担当者個々人が行うのか、営業グループリーダーが行うのか、営業部として行うのか。
個々人がいちから行うのは、あまりに非効率ではありますが、意外にもこのような会社が多いようです。

その理由は、商品開発部門もしくは営業部門統括が、自部門が提供している情報が、お客様に伝わるストーリーになっている、と信じているから。

疑っていないのですね。伝わっていないのでは?と。
一度、営業担当者複数にお尋ねになってみるといいと思います。
個々に作っているストーリーを。

なんだ、提供しているものと同じじゃないか、と思うかもしれません。
大枠は同じだと思いますが、具体例に何を入れているか、なぜそれを入れているか。
なにを重要と思っているか。上層部からの提供情報に何が不足していたか。

細かく尋ねてみてください。
真摯にお尋ねになれば、不足していたものが見えるはず。

それを事前に(一部の営業担当者に事前ヒアリングなどしながらでも)作れるようになれば、営業個々人の作業は画期的に軽減され、生産性が上がること間違いないと思います。

お客様に伝わるストーリーになることで、見込み客アップ、客離れダウンにつながることも間違いなし。

 

休業支援金 事業主への確認は申請後でもいいのでは? 

新聞の投書欄に「休業支援金の給付申請について」のご意見がのっていた。

労働相談員の方からだ。

 

申請には、原則事業主が休業情報などを記入する必要があるが、雇い止め等の不利益を恐れる場合があるとのこと。(20201113 朝日)

 

休業支援金・給付金を受けるためには

事業主に

雇用保険適用事業所番号、労働保険番号

雇用保険被保険者番号

・該当者の就業日

 

等9項目13点の記入が必要だ。

平常時でも総務担当があればよいが、この事業存続が問われるタイミングで社長が事業にかかりきりであれば、キビシイ。

気持ちがあっても厳しいのに、従業員への気持ちがなければ、まずキビシイのではないだろうか?

 

産休、育休時の申請で経験したが、自分の雇用保険の権利のはずなのに、申請にかかる必要項目、雇用保険被保険者番号を自身で知らない、お願いして教えてもらうのは、信頼関係がある職場なら可能だが、そんな職場ばかりではない。

 

政府は、職場をどのようにイメージしているのだろうか?

 

まずは申請→そのあと確認でもいいし、事業主に不利益がないのであれば、番号なんてそっち(労働局)で調べたらどうなんだろう? データはあるんでしょうし。

でそのあとに。

「休業手当の申請がでてるんですけど」と前置きして、事業主に

「実は休業手当払っていないですか?」とか「実際の就業日数はどうなってる?」なんてきいてみりゃいいんじゃない?

 

ってわけにはいきませんか?

 

 

 

 

 

 

テレワーク 手当やら実費やら通勤費の考え方やら・・・

テレワークが特殊なことではなくなって、テレワーク手当やら新しい通勤費の考え方やらが現れた。

 

通信費やら光熱費やらがかかるからテレワーク手当。

同じテレワークでも自宅以外の場所で行った場合は手当は出ない。

茶店などに入った方が費用はっかるんですけどぉ。

外勤手当が出てる会社はそれに含まれるのかなぁ。

 

新しい通勤費の考え方では、通勤した場合、まず片道。

だって片道で会社来た後、どこかによって出先から直帰。

どこかに寄ってから出社して(直出)、会社から帰ったり、があるでしょう。

直出&直帰もあるけどな。

 

自転車通勤の通勤費が、出社日×日数という会社も。

いや、駅の自転車置き場 定期で契約してるんですけど。

という人も。

 

個々の事情は、早めに申告して、制度に反映してもらった方がいい。

ドコモのコールセンター対応に新鮮な驚き ~ステップを踏んだ挙句の「いきなり切断」とは!

まだFOMAを使っている親族のもとに、ドコモからDMが届いた。

魅力的な費用で機種変更ができるという。

 

フリーダイヤルに電話をする。

アナウンスに従って番号を入力する。

お決まりのように対応品質向上のために「通話録音をする」という。

これまたコールセンターのお決まりのように長く待たされると思った瞬間。

 

「ただいまおつなぎすることができません」

といって即、断。

 

いや。さっき通話録音するっていったよね。

私、何も話してないけど?

通話録音して、この「即、断」の音声を聞いても、ユーザーが不快にならないと思っているかね?

不快にならないまでも違和感はあるぞ。

 

「ただいま、大変混みあっております」と理由を述べたり

「しばらくお待たせするかもしれない」と見込みを述べたり

「およそ〇分くらいかかります」と高度なことをいったりするものだが。

 

えー、そんなに待つの、と不満を持ったりもするが、

即、断。

 

なんどかけても同じ。

 

これは・・・新鮮だ。

リーダーは現場を知っているか? (1) コロナ入院拒否罰則規定

新型コロナウイルス陽性者が入院拒否した場合の罰則規定.

日本医学会連合が、反対しているという。

日本公衆衛生学会、日本疫学会も同様。

 

その理由は、下記のような、現場の実感であったり、業界?の歴史を紐解けば、もっともなこと。

 

すぐにもっともな反対がでることがわかりながら、ダメなプランを立案できる。

不思議である。

 

現場を知らない、のか?  

知ったうえで、考慮する必要がない、と考えているのか。

バカなのか。

 

----(反対の理由)---------------------------

 

●罰則を恐れ、

・感染が疑われる人が検査を受けなかったり、検査結果を隠したりする可能性

  →収入、仕事、家族etcの問題の対策ないままに、

   個人に責任を負わせるのは倫理的に受け入れられない。

   【省略すると真意が伝わらないので、ぜひ本文を確認ください】

 

・過去のハンセン病などの強制隔離、差別・偏見といった歴史的反省

  →【現在の感染症法は、かつて・・・】

    科学的根拠が乏しいにもかかわらず患者・感染者の強制収容が

    法的になされた歴史的反省のうえに成り立つことを深く認識する必要がある。

 

『 門田会長は、「個人に罰則を科すことで感染対策は成り立たず、(個人の)協力と努力によって、感染防止や医療体制の整備などの目的が果たされる」と話す。』(朝日新聞デジタル2021/01/14)

 

 

www.yomiuri.co.jp

www.msn.com

www.msn.com

www.asahi.com

「新規陽性者数」に一喜一憂はどうなのか? 「検査数」や「誰に検査しているのか」もあわせて確認したいが。

感染が拡大状況には違いないので、行動自粛は重要だと思う。

が、実態データを見るときに、様々な疑問が出てくるのだ。

その疑問には答えてもらいたい。納得したい。

 

陽性者が2倍発見されたとして、もし、全体の検査数が2倍になっっていたのなら、それはどういう意味を持つのか?

状況は同じ(全体における陽性者率は同じ)、を意味するのか。

増えた検査数が、無症状で自発的な検査者ではないので、純粋に陽性者が倍増している、と考えられるのか?

 

市中では、工務店さんもPCR検査事業を始めたというが、そこでの検査は検査数に入るのか?

入らないまでも、陽性者は医療に回って、陽性者数カウントに入ってくるのか?

 

もちろん、陽性者が多いから、少ないから、行動自粛をしない、というのではなく。

 

純粋に状況を知りたい。

知るためには、報道されている情報では不足だし、基本的な疑問に答えていない!と思うのだ。

深掘りしたくて、行政発表のデータを見ても、検査数が、どこでの検査までも含めているのか、陽性者もどこで検査した陽性者なのか?はよくわからない。

 

はっきりしているのは、陽性率はここ数日、非常に高い。

【】内は下記、東京都のサイトから引用しているのだが、

モニタリング項目(4)検査の陽性率,検査人数 | 東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト (tokyo.lg.jp)

 

 

●陽性率というのは、

  【陽性判明数の移動平均/検査人数の移動平均】だそうで、

 

移動平均というのは

【過去7日間の移動平均値をもとに算出し、折れ線グラフで示す(例えば、5月7日の陽性率は、5月1日から5月7日までの実績平均を用いて算出)】ということになると、

 

★検査数の少なくなっている2020年12/31~2021年1/3を含む7日間というのは、

陽性率は高くあらわれるのではないかと想像できる。


●また

★【陰性確認のために行った検査の実施人数は含まない】

 というのだが、

陰性確認のために行った検査の結果「陽性」となった場合の、カウントはどうなるのか?検査数、陽性者数ともにカウントされるのか、それとも陽性者数にのみカウントなのか?

 

 

知りたいな。

ちょっと前には、「GoToキャンペーンで移動は問題ない」などといっていた状況とあまりに整合性なくって、バカにされてるようにも思う。

 

-----------------------

◆覚書◆

陽性率:陽性判明数(PCR・抗原)の移動平均/検査人数(=陽性判明数(PCR・抗原)+陰性判明数(PCR・抗原))の移動平均

 

 

 

 

プロバイダOCNのコールセンター対応

「 ショートメッセージ対応しか選択できない??」

 

 

このコールセンター対応がおかしくないか?との報告を受けて、携帯電話から電話してみる。

私がかけた時は、そうではなかったので、時間帯や込み具合によって対応が違う模様。

 

問題のコールは、OCNテクニカルサポートに電話した時のこと。

コールセンター的な、内容による番号選択を繰り返したのちに

 

最終的に

「ショートメッセージをお送りしてもいいか。よければ「1」を」とのアナウンスが入ります。

「電話で話したいんだよ!」と番号選択をしなでいると

「番号が間違っています。」とくる。

間違っていないけどね・・・と待っていると

「ショートメッセージをお送りしてよいか?」を繰り返される。

 

らちがあかないので「1」を選択すると

「OCNテクニカルサポートです。

 WEBサイトをご案内します。https://s.ocn.jp/trouble-mac

と送られてくる。

 

たしかにスマホ利用だったら意味ありそうだが、ガラケーなんですよ。

「ふざけるな!」