テレワーク 大きな組織の中間管理職は大変になりそうで。。

たいていの仕事は「テレワーク」でできるっしょ。

「テレワーク」は合理的。

そう思っていたが、それだと大変な仕事がありそう。

 

中間管理職。

 

テレワークしている従業員のマネジメントが大変、だと思う。

これまでともに働いていた従業員がテレワークに移行した場合は、イメージがつく。

 

しかし、これからは転勤してきた部下のマネジメントもしなければならない。

 

どんな仕事っぷりの人間なのか。

テレワークでどんな仕事が任せられるか。

どんな顧客対応をするのか。

どんなスケジュールの組み立てをするのか。

 

これまでは一定の期間、職場で時間をともにすることにより知ることができた「ひととなり」的なもの。

それを知ることなく、仕事を任せようということだ。

いちいち確認するすべはあるのだろうか。

 

人事異動で人を受け入れる大きな企業の中間管理職は、大変な時代を迎えているのではないか。

 

たんなる数量的管理のみが肥大化する、

実態を映しきれない定量情報(以前の上司が与えた人物評価とかね)が上書きされることなくついて回る

なんてことになりそうな予感・・・。

 

 

 

 

 

使用済み切手でボランティア ・・残るギモンも・・・

使用済み切手は整理して売ることで、換金できるのだという。

多くのボランティアセンターで、整理するボランティアによって収入を得ているという。

 

あてなく集めていた使用済み切手。

近くのボランティアセンターに問い合わせると

「いただけるのですか?ありがとうございます」とのこと。

 

早速届けに行く。

すんなり受け取ってもらい、帰途につく。

 

処置に困っていたものを、喜んでもらっていただけてうれしかった。

 

が、少し経って・・

整理するボランティアメンバーはいるのだろうか。

預かったはいいが、整理できない、かえって困ったなんてことはないのだろうか?

このくらいの量でいったいいくらになるのだろうか?

使用済み切手はどうして価値があるのだろうか?何に使えるというのか?

 

 

そのあたりも含めて、発信したら、使用済み切手収集に協力してくれる人も増えるのではないか。

それとも増えても困るから発信していないのか?

 

 

 

 

 

コールセンターの電話音声品質が激ワルな件

インターネット回線の申し込みのために、U社コールセンターに電話した。

ホームぺージには、固定電話からのナビダイヤルIP電話からの03番号が表示されている。

どちらでもよかったが、近くにある電話機がIP電話用のものだったので、03番号へ。

 

つながった瞬間から、びっくりするほど音が悪い。すべての音が震えている。

 

きっと今、名乗っているのだろうな・・・

お客様!と呼びかけられているような気がする。

何か質問されているのはわかるが、内容がわからない。

 

「音が悪くて、内容がわかりません」

「聞き取りづらいですか?」←といったと思う

「全く聞き取れません」

「●△*@~、かけな?¥・・・」

 

かけ直してくれるのだろう、と電話を切る。

かけ直しがある。

 

それでも音声品質は悪い。

わるいが、さっきよりは少し良くなり、内容はわかる。

 

いやぁ、ひどいね。

通信会社なのに。

インターネット回線専業だから、電話はあえて悪くても良しとしているのか?

 

技術はなんのためにある???

音声品質悪いと03等の番号は名乗れない、と聞いたが、何か変更があったのか?

レジ袋がなくなって、お弁当販売の煩雑

レジ袋がなくなって、包装が簡易になったのはよいと思う。

が。

逆に過剰になっている場合もある。

 

デパ地下などでお弁当を買う場合。

レジ袋を断ると、1個ずつビニール袋に入れ、それぞれに割りばしやお手拭き、調味料を入れた上に、テープまで貼ってくれるのだ。

いえいえ、このふくろにガバッといれちゃっていいです。

といっても、衛生面からだろうか、断られる。

 

その上、ポイントカードにハンコ押したり、クレジットカードに対応したり、

店員さんは超大変なのである。

 

前のお客さんへの対応の煩雑さを見ていたら、おそれ多くて、また、待ち時間が長すぎてポイントカードなどなんて申し出ることができなかった。

 

これって、顧客に対しても、従業員に対しても、最善の道を選んでるんでしょうかねぇ。

 

SDGsとかへの対応としたら、考え方としてはいいような気もしますが、運用を考えたら無理がある状態、と見えて仕方ありません。

dポイントや楽天ポイント◆持っている人に追加特典を与える店 の姿勢とは?

ポイントを巡るモヤモヤ。

店としてのオリジナルなポイント付与。これはわかる。

店がテナントとして入っているモールやビルのポイント。これもまあ、わかる。

 

最近多いのがそれに加えて、dポイントや楽天ポイントをお持ちでないですか?

と聞いてくる店。

 

ただいま「楽天ポイント5倍キャンペーン中です」などというが、その楽天ポイントはいくらに対して何ポイントなのか?が明示されていない。

 

そのポイントの金額換算分は誰が負担しているのか?

買い物行動がわかるそのデータの費用として楽天が払うんか?

それとも店側か?

楽天の持ち出しなら、まあ、文句ないが。

店側持ち出しだとして、持っている人には特典があるが、もっていない人は特典がない。ような、特典の付き方は、ちょっと気持ちが悪い。

 

店独自のポイントをいるか要らないか、は、客として判断している。

モールやビルのポイントの要否も、個人として判断している。

楽天やdポイントの要否は、まったくその店とは無関係に選んでるにもかかわらず、なぜかそれによって差がついてくる顧客待遇。

 

顧客を個人として見ているのではなく

楽天ポイントやdポイントを使う層、くらいの括りで見られているように思うから、かな。

 

理由は、ぼんやりとしているが、

なんだかひっかかる「ポイント」話です。

 

電子化?された生活の不便

通信回線に障害発生。

それによって、スマホは使えないわ、クラウドは使えないわ、電子決済もできないわ。

手段を1本化していると、キビシイ局面もありそうだ。

 *20220702 KDDI通信障害

問題が出るかもしれないことを想定して、最低でも二重化しておくべきだろう。

 

半導体不足で、給湯器が全く手に入らない。

半導体不足で、パソコンが手に入らない、家電が不足。。。なんていうのはつながりやすいが、「給湯器」!。

考えてみれば、今はなんでも電子制御だから、半導体なしにはNG、なんですね。

 

かつては、口火をリアルにマッチを擦って、火をつけて、風呂を沸かしていたのだから、手間ではあるけれども、そのころの機器を使えば、半導体なんて不要なのだ。

 

すくなくとも、そういうシステムも共存させておきたいもの。

 

トイレだって省エネなんだろうけど、電子制御しているから、地震で停電するとたちまち流すこともままならないらしい。

 

通常の便利を極めると、非常時は役立たず。

通常時のちょっと不便を我慢すれば、非常時には強い、のかもしれない。

 

企業のデータ利用、すごいようなすごくないような・・・ 

●隙だらけのデータ利用

 

amazonで台所器具を購入した。

ブランドの台所器具を検索し、キーワードにもブランド名が入っていたので疑わず2本購入。開けてみるとブランドとは関係のない粗悪品。

開封して使用したので、1本のみ返送。返品理由に、amazon内の表記もおかしいし、モノもおかしい旨記載。

 

しかし、その後も、頻繁にメールで同じ商品をお勧めしてくるのだ。

いや、私は、その商品はNGだと申告したはずですけど。

 

データ収集したり、分析したりしているわりには、ここんところスキだらけではありませんか?

 

●グーグルで、何を検索したか、どこにいたか、など膨大な情報を持っているという。

自分の知らない自分、忘れてしまった自分をいつまでも抱え込んでくれている。

あなたは何年何月何日にこういうことしていましたよ、と攻め込まれたらたちまち降参だ。だから、なんだか、いやなんだよな。

 

でも一方でおまぬけでかわいいのが、(あなたがいる場所の)といって天気予報などを表示してくれるのだが、どういうわけか、だいぶ違うエリアなのだ。

なにか情報の取り方が間違っているのだろう。

 

また、誰かの代わりに検索したりネット使ったアクションしたりはよくあることだが、それも私のアクションだと思って蓄積してるんだろうな。

だいぶクズデータも蓄積している。くずなのに詳細。これは始末に負えない。

 

判断を過たせるほどかどうかわからないが。

でも、明らかにブラックボックスであろう。